格安SIM

一人暮らしに最適な楽天モバイル

更新日:

ごきげんよう、アリトシです。

先日の記事で格安SIMのデータSIMと通話SIMについて解説しました。

今回は一人暮らしで格安SIMを使う際に私がオススメするMVNOである楽天モバイルについて解説します。

楽天モバイルはどんなMVNO?

楽天証券や楽天カードで馴染み深い楽天が運営するMVNOです。

楽天自体の知名度の高さやCMによる露出も多いのでMVNOの中ではLINEモバイルやmineoと並んで認知されているMVNOです。

特徴は楽天グループによるサービスがさらにお得になる特典の数々ですね。

楽天市場での買い物のポイントが+2%されること、楽天ポイントによる支払いに対応していることなど楽天サービスのヘビーユーザーなら活用しない手はありません。

余りがちな期間限定ポイントの消化先としても楽天モバイルは優れています。

一人暮らしに光回線は必要か?

資産運用に回す余剰資金を増やすためにも支出の削減は最優先です。

そんな中で注目したいのは通信費、とりわけ光回線の通信費です。

光回線を整えるとプロバイダーや住んでいる地域にもよりますが月に5000円前後請求が発生します。

実際、光回線があるとWI-FIによる高速無制限の通信が可能になりますし、ゲームでオンライン対戦をする場合は有線LAN環境が必須です。

光回線を利用してテレビの視聴もできるなどメリットたくさんあります。

でも5000円って高くないですか・・・?

家族複数人で活用するならともかく一人暮らしで5000円の固定費はもったいなく感じます。

格安SIMにしてスマホ代は1000円程度に抑えたのに光回線で5000円かかるというのはアンバランスです。

そもそも、多くの人にとって重要なことはWI-FI環境下ならデータ通信量を気にせず自由に利用できることだと思います。

3000円程度で利用できる格安SIMのデータ使い放題プランを採用すれば大丈夫じゃないですか?

パソコンを使う場合もテザリングでモバイルデータ通信を共有すれば十分にブラウザの利用は可能です。

例外なのはオンラインゲームや動画配信といった高速通信が必須な作業を行う方です。

高画質動画の視聴やソフトのダウンロードにも時間がかかるので注意が必要です。

楽天モバイルのスーパーホーダイは最安の使い放題プラン

格安SIMでデータ使い放題プランを使おうとすると一般的な相場として3000円程度の料金がかかってしまいます。

格安SIM プラン名 料金
U-mobile LTE使い放題2 2730円
UQ mobile データ無制限+音声通話プラン 2680円
DTI SIM ネット使い放題 2900円

しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイは条件を満たすことで半額以下で利用することができます。

その額は980円/月です!圧倒的に安い!

音声通話がついて1Mbpsの通信が使い放題で980円/月は破格です。短期的には間違いなく赤字価格です。

現状は安さを追求する限りは楽天モバイル以外に選択肢はないと思います。

しかし、この980円/月を実現するには条件があります。

・楽天のダイヤモンド会員であること

・最低利用期間を三年にすること

の二つです。

楽天のダイヤモンド会員ですと一年間500円も割引が適用します。

最低三年利用契約をすると二年間1000円の割引が適用します。

それぞれの条件について調べてみましょう。

楽天のダイヤモンド会員になるにはどうすればいいか

これは過去六ヶ月間の楽天スーパーポイントの獲得数が4000ポイント以上、30回以上の獲得、楽天カードの保有が条件です。

ですが、この条件自体は簡単に達成できます。

ハッピーポイントプログラムを活用したポイント獲得方法はこちらで紹介しています。

楽天証券と楽天銀行の残高を共有するマネーブリッジを設定すると、楽天銀行からの振り込み一回につき3ポイントが発生します。

これは一日15回までの回数制限がありますが最大限活用すると一日45ポイント獲得できます。

最大限活用するためにつみたてNISAで15の投資信託を毎日つみたてに設定すると、それだけで毎月900ポイントが発生する仕組みができます。

これでダイヤモンド会員自体は5ヶ月もあれば簡単になれます。

スーパーホーダイは何年契約すべきか

楽天モバイルは最低利用年数に応じた割引が用意されています。

一年契約では割引なし、二年契約では500円、三年契約では1000円の割引が適用されます。

それぞれ最低利用期間未満で解約した場合は契約解除料9800円が請求されます。

最低利用期間はどれを選ぶべきか比較するために契約から1年、2年で解約した時の支払総額を見てみましょう。

・1年で解約した場合

最低利用1年 2480×12 29760円
最低利用2年 1980×12+9800 33560円
最低利用3年 1480×12+9800 27560円

比較してみると一年間で解約した場合は三年契約が27560円/年で一番お得なことが分かります。

・2年で解約した場合

最低利用1年 2480×24 59520円
最低利用2年 1980×24 47520円
最低利用3年 1480×24+9800 45320円

2年で解約した場合でも三年契約が22660円/年で一番お得なことが分かります。

しかし、スーパーホーダイは三年目からは各種割引が一切適用されなくなるので2980円/月まで料金が跳ね上がります。

3年間スーパーホーダイを利用した場合は三年間で総額71280円かかり23760円/年まで平均料金は上がります。

つまり三年契約をきっちり守るとかえって損をする制度なのです。

ちなみに楽天ダイヤモンド会員の場合は一年間500円の割引が適用されるので

・楽天ダイヤモンド会員が1年で解約した場合

最低利用1年 1980×12 23760円
最低利用2年 1480×12+9800 27560円
最低利用3年 980×12+9800 21560円

・楽天ダイヤモンド会員が2年で解約した場合

最低利用2年 1480×12+1980×12 41520円
最低利用3年  980×12+1480×12+9800 39320円

・楽天ダイヤモンド会員が3年で解約した場合

最低利用3年 980×12+1480×12+2980×12 65280円

総額が6000円割引される計算になりました。

二年間で解約した場合は1638/月と契約解除料込みでも他のデータ使い放題プランよりも安上がりです。

一人暮らしで通信費を抑えたい人はスーパーホーダイに決まり

楽天モバイルのスパーホーダイについて解説してきました。

今回想定したスーパーホーダイが最も合っている人は

・意地でも通信費を安くしたい

・オンラインゲームはしない

・ダウンロードに時間がかかっても我慢できる

・動画視聴に高画質をそこまで追求しない

これらを満たしている人にとっては満足のいくMVNOだと思います。

一方でどれか一つでも譲れないものがある場合は素直に光回線を利用する方が満足できるでしょう。

自分にとって譲れないものは回線速度か料金か考えてみてください。

-格安SIM

Copyright© アリトシの20代から始める資産運用 , 2018 All Rights Reserved.