格安SIM

格安SIMのデータSIMと通話SIMについて解説

更新日:

ごきげんよう、アリトシです。

以前の記事で貯蓄するには固定費を削減しましょうと書きました。

その中で固定費の代表格である通信料の一つ「スマホ代」を格安SIMに乗り換えることで安くできると紹介しました。

格安SIMのプランでよく見るデータSIMと通話SIMについて解説します。

データSIMと通話SIMは何が違う?

データSIMと通話SIMの違いは通話回線を利用した高品質通話が利用できるかどうかです。通話SIMでは070・080・090から始まる電話番号が与えられ一般的な携帯電話として利用できます。

データSIMは通話回線を利用できず、モバイルデータ通信だけを行うことができます。モバイルデータ通信でもLINEやSkypeを利用した通話は問題なく行うことが出来ます。

そう、データSIMでも通話自体は可能なんですよね。Skypeや050plusといった050番号を取得できるアプリを導入すれば着信も発信も可能です。

通話の品質に関してはややデータ通信ということもありLINE通話のようにややこもって聞こえ、時々ブツ、ブツと音が飛ぶようなラグもあったりと通話SIMの品質からは大きく落ちます。

テレビでの中継映像をイメージしていただくと近いかもしれませんね。

データSIMのメリット・デメリット

・データSIMのデメリット

070・080・090番号が使えない(サイトによっては携帯電話番号は050番号では登録できないことがあります)

通話の品質が悪く音がこもったり途切れる(商談につかう社会人向けではない)

110・119といった緊急通報が使えない

MNP乗り換えできないので三大キャリアに戻る時に新規契約になる

・データSIMのメリット

同じデータ容量の通話SIMよりも600円程度安い。

通話をしない、品質を求めない人にとってはデメリットがない

 

格安SIMの実際の料金を見てみましょう。

3キャリア回線のプランを用意しているmineoではデータ容量3GBでは

データSIMでは900円

通話SIMでは1510円となっています

引用:mineo 料金Aプラン

安さを追求したい方はデータSIM一択ですね。

通話SIMのメリット・デメリット

・通話SIMのデメリット

データSIMよりも割高な値段

品質を気にしなければ代替可能

・通話SIMのメリット

ストレスを感じない、感じさせない安定した通話が可能

かけ放題プランを利用できる

050番号で登録できないサービスに登録できる

MNP乗り換えで三大キャリアに戻って割引が受けられる

 

一番大きいのはかけ放題プランの存在です。mineoでは月に850円で10分間かけ放題サービスを提供しています。(mineoでんわ

仕事とプライベート共用のスマートフォンですと通話の頻度も多くなると思いますし、商談の最中に通話が途切れ途切れになるとお互いに不要なストレスを感じることになります。

友人や恋人、家族と長電話をよくする方はかけ放題プランのある通話SIMがいいと思います。

データSIMに向いている人・通話SIMに向いている人

・データSIMに向いている人

データSIMに向いている人は通話をすることが少なく、070・080・090番号にこだわりがない人です。

学生や主婦の方は基本的にこれに当てはまるのではないかと思います。

最近は新しく知り合った人でもLINEやSNSアカウントの交換はしてもメールアドレスや電話番号を交換すること自体少なくなってきたと思います。

年賀状を出すことも減って友人の住所も知らないなんてことも多いです。

・通話SIMに向いている人

仕事に電話番号による通話をよく使う方は通話SIMがオススメです。

また、着信画面に050番号が表示されると馴染みのない番号なので警戒する人も多いです。電話による営業を行う方も信頼性の観点から通話SIMがオススメです。

人によっては電話番号を変えたことを知らせるのが面倒くさい、今の電話番号に愛着を持っているという方もいるかもしれません。

そういった方はその気持ちと月に610円安くなるというお金を比べていいと思った方を選ぶといいでしょう。

最新機種に変え続けたい方は三大キャリアでの割引を受けられる通話SIM一択です。

しかし総務省の監督が入る来年度以降も今と同じ端末販売スタイルが続くかは分かりませんので気をつけてください。

本当に通話って必要?

現在、多くの人は三大キャリアで契約をしており、通話を利用していると思います。しかし、その通話って本当に必要でしょうか?

通話をLINEが代替している現在では学生や主婦といった仕事に通話が関係しない人には通話は使う機会の少ないサービスのはずです。

携帯電話の発達で家から据え置き型の電話が減少しているように、モバイルデータ通信で通話を代替しても問題ないはずです。

少しでも固定費を抑えるためにも通話が本当に必要かどうか一度検討してみてください。

-格安SIM

Copyright© アリトシの20代から始める資産運用 , 2018 All Rights Reserved.