証券会社

楽天証券を選んだワケ

更新日:

ごきげんよう、アリトシです。

今回は私が利用している楽天証券を選んだ理由について書いていきたいと思います。

投資信託、つみたてNISAを行う際におすすめされているのは多くの場合SBI証券と楽天証券の二つでしょう。

SBI証券はネット証券として積み上げた信用と個別株投資やIPO株での利便性などもあって多くの人がおすすめしているようです。

お得なポイントバックシステム

楽天証券の魅力はなんといっても他社と比較して圧倒的にお得なポイントバックシステムです。その名もハッピーポイントプログラム。

楽天銀行と楽天証券を連携させるハッピーポイントプログラムを利用すると最高3%分のポイントがバックされるのです。

一日最大45円分のポイントが付与されるので1年間で約1万円分ポイントがゲットできます。

楽天証券では楽天ポイントを投資信託に利用できるので再投資することで評価額がドンドン増えていくのです。

このハッピーポイントプログラムに魅かれ楽天証券で口座開設しました。2.5%分上乗せされていると考えると多少の下落ならカバーできるため心理的に安心できますね。

実際に私が8月分として受け取ったポイントがコチラです。

こちらは毎日積み立て1件1ポイントで7日分です.9月分からは3倍になるので訳900ポイントを見込めます。

現在の評価額がコチラなので合計するとプラス1100円くらいになるので評価損益では5000円になります。結構大きな金額になりますね。

楽天市場のダイヤモンド会員になれる

楽天証券と楽天銀行のハッピーポイントプログラムを最大限に活用することで楽天市場の最上級会員であるダイヤモンド会員に自動的になることができます。

ダイヤモンド会員の条件は「過去6ヶ月の獲得ポイント数が4000ポイント以上」かつ「過去6ヶ月の獲得回数が30回以上」かつ「楽天カードの保有」です。

「過去6ヶ月の獲得ポイント数が4000ポイント以上」はハッピーポイントプログラムの利用で達成可能です。

「過去6ヶ月の獲得回数が30回以上」はハッピーポイントプログラムで六回達成できるのでコンビニで週に一度ほど楽天Edyで支払いをすることで簡単に達成できます。

ダイアモンド会員になると毎年誕生月に700円分のポイントが付与されるほか楽天モバイルでも割引が適用されます。

楽天銀行、楽天証券の利用で楽天市場のポイントがもっともらえる

楽天銀行を利用することで+1%、楽天証券で月に500ポイント以上投資することで+1%アップします。

さらにこのハッピーポイントプログラムを活用することで自動的に楽天のダイアモンド会員になることができるので毎年誕生月に700円分のポイントが付与されるほか楽天モバイルでも割引が適用されます。

このように楽天証券を利用することで楽天市場内で多くの優遇を受けることができるため楽天証券を圧倒的に支持します。

特にこのブログをご覧になている方はまだ収入も多くなく、投資に回せる資金も総資産も少ないでしょうから少ない額からコツコツと小銭を稼いでいきましょう。

 

楽天といえばサイトデザインの見にくさやメールの多さなど毛嫌いされる要素も多いですし、私自身も楽天派ではなくamazon派でした。

しかし、この各種サービスの充実ぶりを受け楽天経済圏に飛び込むことを決意するほどに魅力的なサービスです。

このサービスがつみたてNISA期間いっぱいの40年間続くかどうかはわかりませんが短期的に見ても非常に充実した内容です。もし、私と同じように楽天というイメージから選択肢から外している方はそのお得さをよく比較してみてください。

-証券会社

Copyright© アリトシの20代から始める資産運用 , 2018 All Rights Reserved.