雑記

明治安田生命のじぶんの積立は本当にお得か

投稿日:

ごきげんよう、アリトシです。

社会人になって給料明細を見るとこんなにこんなに税金で持っていかれるのかと、と思うとはずです。
私も初任給に対してかかる税金や社会保険を概算してみたら社会保険の高さに腰を抜かしました。

サラリーマンが節税をするのに一番有名なのは保険料控除を利用することです。
一定金額まで支払った保険料の分だけ給料から控除され、課税されません。

保険料控除の中のひとつに一般生命保険控除があります。
その中でも節税に特化しすぎて保険として機能しているのかさえも疑問なのが今回解説するじぶんの積立です。

じぶんの積立はどんな生命保険?

明治安田生命が提供している生命保険のひとつです。
月々5000円から5000円単位で積立ができ、5年間の払い込みの後10年間の保険期間満了で103%の満期保険金を受け取ることができる生命保険です。
死亡時は払込保険料の1.1倍が災害死亡給付金を受け取ることができます。

死亡時は払い込み保険料の1.1倍が災害死亡給付金を受け取ることができます。

これ本当に生命保険なの・・・?って保険商品です

多くの人にとって生命保険に加入するのは

・葬儀代などの負担を家族にかけたくない
・収入の減る配偶者や子供に資産を残したい

などのように死亡時にかかる突発的な金銭負担やキャッシュフローの途絶をどうにかするために保険料を払ってリスクを回避しているはずです。
最低口数の月5000円での積立ですと、五年間の積立総額は30万円です。災害死亡給付金は払込保険料の1.1倍なので33万円です。

これではリスク回避として機能しているようには思えません。

そう、じぶんの積立という保険商品は通常の生命保険ではなく一般生命保険控除の利用だけを目的にした保険商品なのです。
見ての通り明治安田生命が儲ける要素がないので完全な赤字商品です。担当者を通した対面販売限定なのでじぶんの積立を餌に他の保険商品も契約させようとする戦略ですね。

実質年率はいくら?

まず、じぶんの積立だけの利率で見ると十年間資金を拘束された上で103%が満期保険金を受け取るので単利0.3%です。

この数字は資産運用の目標利率としてみると非常に低いです。
定期預金の0.1%と比較すればいくらかマシですが投資信託や個別株での目標となる5%や10%といった利率と比較すると大幅に劣後します。

しかし、生命保険なので一般生命保険控除が適用されます。
一般生命保険控除とは年間払込金額に応じて所得税と住民税が控除される制度です。

所得税

・年間払込保険料20,000円以下…払込保険料全額
・年間払込保険料20,000円超40,000円以下…払込保険料×1/2+10,000円
・年間払込保険料40,000円超80,000円以下…払込保険料×1/4+20,000円
・年間払込保険料80,000円超…40,000円

住民税

・年間払込保険料12,000円以下…払込保険料全額
・年間払込保険料12,000円超32,000円以下…払込保険料×1/2+6,000円
・年間払込保険料32,000円超56,000円以下…払込保険料×1/4+14,000円
・年間払込保険料56,000円超…28,000円

月々5000円の積立を行っていた場合、年間払込保険料は6万円となります。
所得税の控除額は35000円。住民税の控除額は28000円です。

もっとも多いであろう年収330万円超695万円以下の年収で考えてみましょう。

所得税の節税効果は
控除額35000円×20%=7000円

住民税の節税効果は
控除額28000円×10%=2800円

合計して10800円の節税効果があると分かります。

保険料を払い込む5年間控除されるので10800円×5年=54000円の節税効果になります。

満期保険金9000円と合わせると63000円です。これがじぶんの積立の利益です。

30万円を10年間拘束し84000円の利益を出すので63000円÷30万円÷10年=年2.1%となり、これがじぶんつみたての年利です。

ちなみに月々1万円以上を積み立てるのはオススメしません。

30万円を追加で積立てるので満期保険金の0.3%で9000円、控除額が所得税控除4万円になり5000円増えるので5年間5000円節税できます。
30万円新たに積み立てて得るのは14000円です。追加分では年利0.47%です。この金利ならリスク取って投資に回すか個人向け国債でも買いましょう。

他の低リスク資産と比較

年利2.1%を高いと思うか低いと思うかは人によります。個人的にはリスクなしで2.1%というのは定期預金や個人向け国債よりもはるかにいいので使わない手はないと思います。

・国債 個人向け国債変動10年 年利0.66%

・地方債 東京都債 年利0.225%

・社債 SBI債年利0.5%

・定期預金 楽天銀行 年利0.1%

低リスク資産の代表格である債券と比較してみました。SBI債は債券格付けはBBBとやや不安ですが過去の償還実績から低リスク資産として扱っています。

これらと比較するとじぶんの積立の利回りの高さが際立ちます。明治安田生命が倒産した際に償還が行われないので社債と同程度にはリスクがありますがその可能性はかなり低いです。
もう一つの難点は低リスク高利回りで運用できる金額が十年間で30万円とかなり少ないことです。いくら高利回りと言っても10年間で63000円しか利益が出ないのでは資産運用の観点では大きな影響はありません。
利回り自体は魅力的ですが大きな金額を運用できないので資産運用の中心にはなれません。

もしも更なる好利回りを目指すのであればリスクを取って利回り5%以上の高配当銘柄に投資するのもいいかもしれません。

-雑記

Copyright© アリトシの20代から始める資産運用 , 2018 All Rights Reserved.